こんにちは。
連日本を紹介しているライフコーチのおぎのです。

(この記事は2014年12月の記事です)


今日はこちら。おかあさまのためのコーチング/ディスカヴァー・トゥエンティワン ” width=”109″ height=”160″ border=”0″ data-src=”https://img-proxy.blog-video.jp/images?url=http%3A%2F%2Fecx.images-amazon.com%2Fimages%2FI%2F517E71KKHFL._SL160_.jpg” /> ¥1,404 Amazon.co.jp

まだお母さんになる前に読んだ本です。

私はコーチングに限らず

人間関係がスムーズに進むコツは

ペーシングだと信じています。

この本の中で

ご飯に何かをかけて食べるのを

やめさせたいお母さんと

注意をしてもやめない子供の

やり取りがありました。

あなただったらどうやって

やめさせますか?

お母さんは「やめなさい」と注意を繰り返しました。

何度注意をしてもやめなかったのに

お父さんのある行動をきっかけに

ピタッとやめてくれました。

それは子供の満足を誘うものでした。

お父さんは子供に

「そんなにおいしいのか?」と

ご飯に同じものをかけて食べ

「うまいなぁ」と言ったら

「でしょう?!」と子供が喜び

翌日からその行動が止んだそうです。

子供が注意をされてもやめずに

同じ行動をし続けて伝えたかった事は

「おいしいことをわかってほしい」という思いでした。

ペーシングをすると相手に安心感が生まれます。

先日、同じような状況がありました。

知り合いの親子と食事をした時の事です。

しゃがんでいる子供さんに

「立って!」と何度か声をかけていました。

しかしなかなか立ち上がってくれません。

目的はその子が立ってくれればよかったので

方法は何でもよいのですが

どうせやるならどちらも楽しくと思い

こんな事をしてみました。

まずその子の隣に行き

一緒にしゃがんでみました。

そして「あー、しゃがむと楽だよね、

立ってるの疲れちゃうよね」と伝えてから

「おばちゃんとどっちがかっこよく立ち上がれるか

競争してみない?」と言うと

やる気になったその子がバシッとかっこよく

立ち上がってくれました。

そしてペーシングってすごいなぁと

実感したのでした。

コーチングを学んでから

人の話しを聞く時や観察している時

「目的は何か?」

「本当はどうしたいのか?」

「何を伝えようとしているのか?」

という視点で見ています。

この本はコーチングの考え方を

親子関係に応用するとこうなるよ

という事を知る事が出来ます。

いろいろな具体的な事例が載っていて

身近なテーマもあるのではないでしょうか?

子供の成長を応援したいお母さんであれば

ぜひ読んでみて欲しい1冊です。

それでは、また!

家族を大切にしながら子供と一緒に
「好き!」でいっぱいの人生にしたいママ仲間募集中!
うつ病を克服しセルフイメージを引き上げて、叶えたい夢にふさわしい自分に変えていくためにしてきたこと、学んできたことをお伝えしています。

叶えたい夢に「ふさわしい自分」づくり

今ならブログ登録特典として、
『自分嫌いを抜け出すための12ステップ』を
一緒にプレゼントしております。


メルマガに登録する

メルマガにご登録いただくとお得に体験セッションを受けられます。

その他のお問合せ、お申し込みは専用ラインからどうぞ。

友だち追加