おはようございます。 いつもありがとうございます。 ライフコーチのおぎのです。 あなたは人の赤ちゃんが泣いていると どんな気持ちがする事が多いでしょうか? お腹が空いてるのかな? 眠たいのかな? オムツかな? どこか痛いのかな? 多分、これはママをしている人が 真っ先に考える事ではないでしょうか? では、子供がいない子供好きの女性と 子供がいない子供嫌いな女性では どう考えると思いますか? 想像ですが 子供が好きな女性なら 泣いていてかわいそう どうしたのかな? 何で泣いているのかな? 子供が嫌いな女性なら うるさいな! 早く泣き止め! あっち行け! かもしれません。 それぞれの言葉に あなたはどんな感じがしましたか? 私は書きながら ママは相手の状態を想像しようとしていて 子育てはしたことがなくても子供が好きな女性からは 相手の状況を分かろうとしていて どちらも歩み寄りを感じますが 子供が嫌いな女性の場合は 相手の存在を否定しているような 感じがしてきました。 人に限らず生き物は 心地よいものに近づいて 不快なものからは避けようする本能があるそうで 相手の事が好き(快い)なら近づこうとするし 嫌いになると避けたくなったり 排除したくなるんですね。 では、その好きと嫌いは どうやって生まれているか知っていますか? それは生まれてから経験してきた出来事への 意味づけの強さが関係しています。 試しに「赤ちゃん」の事を想像してみてください。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ それはどんな赤ちゃんだったでしょうか? ニコニコしている顔や小さな手足、 笑い声やあったかくて柔らかい感触? 眠っている顔や無防備なポーズ、 静けさや上下しているお腹? それとも ぐずっている顔や泣き声、 その時のイライラした気持ちや どうしたらいいかわからない気持ち? 人は好きなものに対しては 気分がよかった時の何かを思い出し 苦手や嫌いなものに対しては 不愉快な気持ちになった時の 場面を思い出しているんですよ。 目の前に赤ちゃんがいなくても 何を思い浮かべたかで きっとあなたの気持ちに 変化があったのではないでしょうか? 実はこれはNLPで学んだ事で 人の感情は五感と意味づけによって 作られるという特性を利用して 苦手なものを克服したり よりパワフルな状態を再現したりすることができる というのがNLPで扱っているワークです。 私は子供が苦手、嫌いな女性だったんですが 意味づけが変わった事で 子供が欲しいと思えるようになりました。 そしてマタニティー生活も 産後の生活も想像していたより ずっと穏やかで楽しく もし子供嫌いなままだったら 今頃は夫婦二人暮らしか ペットでも飼っていたかもしれません。 そうは言っても簡単には変えられない と思われるかもしれませんが 継続は力なりです。 人の脳はインパクトと繰り返しによって 記憶されて行くようにできているので 嫌な記憶を上書きする事もできるし 逆によかった思い出が一瞬で 嫌な思い出になってしまう事もあるんですよね。 もし赤ちゃんの泣き声が苦手でお困りでしたら お話聞かせてください。 大丈夫。 あなたが変えたいと思うなら 必ず良くなりますよ。 それでは、また!