久しぶりに幼稚園通いをしています。 自分のための控えでもある過去記事を 再アップします。 いつもありがとうございます。 親子のコミュニケーションが楽になる ペーシング伝道師のおぎのです。 子供を幼稚園に入れる前の心配事と言えば ・子供が園に馴染めるか ・子供同士のトラブルはどうしたらいいのか ・子供に友達ができるか など子供に関する悩みもあるものの 送り迎えや行事の事を考えると 他のママさんたちとうまくやっていけるか 自分の事も心配に思われる方も いらっしゃるのではないでしょうか? そう言う私もその一人で 3歳までは子供と2人っきりでもよかったものの 幼稚園が始まれば久しぶりに 大人同士の関わりも出てくるし ドラマやネットで飛び交うママ友トラブルなんかを見ると 始まる前から憂鬱になって 何も起こる前から心配していました。 今年は幼稚園2年目ですが 実際はどうかというと 思っていたより快適です。 もともと女性や集団がずっと苦手だったんですが 気付いたら同じお迎えコースとママさんたちと ランチをしたり公園で親子で遊んだり それなりに楽しく過ごせています。 さてでもどうして苦手だったはずの 女性の集団がある場で こんな事ができたのかというと 一つはたまたま運がよかったとも言えます。 それからもう一つはある事を意識していました。 それは場作りです。 私はある特定の集団が苦手なので いきなり集団に入っていく事はできないのですが 一人ずつ少しずつ時間をかけて 仲良くなっていきました。 そして自分が仲良くなった人同士も仲良くなれるよう 意識していました。 そこはもともと過去にいじめに遭ってきて どうしたらみんなが仲良くできるのかを 大切にしているせいでもあります。 同じ事をしても必ずうまくいったかどうかはわかりません。 1年目は親しいママさんがいると心強いので みなさんそれなりに積極的に 仲良くなれそうな人を探しています。 なのでこちらからアプローチすれば 相手もほっとして話してくれる事も 多かったように思います。 また途中から転園されてきたママさんも 初めは心細いので話せる人を求めています。 なのでそういった方がいる環境なら 案外親しくなれる人が見つかりやすいのかなと思いました。 2年目はどうだったかというと 確かにちょっと違う気がしました。 私自身も「今年はもうちょっと気楽に行こう」と思いましたし やっぱり最初ってエネルギーがいりますよね。 すでに気心の知れたママさんもできて 2年目は気楽にいこうというスタンスの方が 増えたんだと思います。 でもだからと言って新しく入ってきたママさんが 孤立しているかと言えばそんなこともなく 新しい人にはみんな興味があるので どなたも声をかけられている姿が見受けられて すぐに輪に溶け込めている様子でした。 私は気楽にと言いつつも 「今年も楽しく過ごせるように 新しいメンバーとも仲良くできたらいいな♪」と思っていましたが ちょっと温度差がある事がわかったので 一旦その気持ちは置いておいて 気長にその日、その日近くにいる方と お話するようにしているうちに だんだん打ち解けてきたのを感じています。 6月に入り子供同士もようやく 混ざり合っておしゃべりしたり 遊んでいる様子が見られたので 子供も大人も初めは知らない人同士 緊張するもんだよなぁと 人と人が仲良くなっていく過程を眺めていました。 私のブログを読んでくださる方は ママさんとの関係に悩まれている方もいらっしゃるので 次回からはそのあたりについても ペーシングやNLPがどう役に立ったのか 書いていきたいと思います。 それでは、また!
Ogino Coaching Place(おぎのコーチングプレイス)