おはようございます。 どこか人と違う生きづらさに悩む女性の 自分らしく心地よい毎日の実現を応援する ライフコーチのおぎのです。   初対面のうちは元気よくいられるけど 時間が経つにつれて輪の中にいるのが 苦痛になってしまう人がいます。 私も例にもれず経験者です。 なぜそうなるのかを自分なりに考えていて 気づいた事があります。 それは自分の中にある 「いつまでもチヤホヤされていたい」 「お客様扱いされていたい」という欲でした。 例えば入社したての頃は 部下、後輩というよりお客様なので みんなが丁寧に接してくれます。 新人と言うだけで「どんな人だろう?」と 興味関心をもっていろいろ声をかけてくれます。 恋人のうちは嫁ではないので これまた丁寧に接してくれます。 そしてなぜだんだん苦手になっていくのかは 相手からの興味がなくなるのを感じるからのようです。 簡単に言えば注目されなくなるから 居心地が悪くなるんですね。 仕事をするならまず仕事を覚える。 お嫁に行くなら嫁として 新しい家族のルールを知る。 いろいろと新人の時とは違う その場から求められる事が出てくるわけです。 私の場合はそこがわからずに お客様扱いしてくれる姿をその人と勘違いしていました。 相手の立場に立てばわかりますが いつまでもチヤホヤされて当然と 言わんばかりの態度を取り続けていたら 「子供じゃないんだから」とめんどくさくなってくるでしょう。 自分の置かれた立場が変わったという事に気づいて 順応していかないと周りの態度の変化を 裏切りだとか嫌われたとか 見当違いな解釈をしてしまいかねません。 私がその事に気づけたのは 葬儀の場でした。 どうしたらいいのかわからない。 周りから何を求められているのかわからない。 その時の焦りは自己中心的なものでした。 このままでは嫁として見限られてしまうのではないか。 気が利かない自分の事がばれてしまうのではないか。 自分が良い嫁に見られたいという気持ちと 相手が望む良い嫁にはなれないギャップで悩んでいました。 でもふとその自分の事しか考えていない悩みに気付いたら 「できないんだからできるふりなんてしなくていいんだ」 「「わかりません、教えて下さい」って言えばいいんだ」と 大きく見せるのではなくそのままの自分で今できる事をしよう という考えにシフトしました。 そして相手が何を望んでいるのかは 聞かなきゃわからないんだから どんどん聞いて動こう。 ここでの目的はみんなが気持ちよく会食したり 人手の足りないところをフォローする事だと決めて 「どうしたら自分が注目されるのか」ではなく 「何をしたら喜ばれるのか」に変えました。 今でも大した嫁ではないですが 人目を気にする時は自分の事しか 考えてないんだなと恥ずかしくなります。 相手の興味が自分から逸れてしまうのは 自分が新しい話題を提供しないからだし やっぱり話していて飽きさせない人は話題が豊富で 相手が聞きたいネタをちゃんと仕入れている気がします。 もし相手が自分に関心を示さなくなったと思ったら それは自分が相手に飽きてきたサインかもしれません。 相手との心地よい距離感は 付き合っていく中で見つけて行くものです。 「疲れたな」と感じたら 無理をしていないか 自分を偽っていないか 振り返るよいチャンスですね。 それでは、また!
お知らせ
タイムラインワーク体験モニターさんを募集しています。
・どちらに進むべきか迷っている方 ・自信を取り戻したい方
自分の中にある大切な価値観を思い出すパワフルなワークです。
料金はモニター期間につき無料です。
他人や社会の価値観ではなく、自分の大切にしている価値観で選ぶから納得できるタイムラインワーク体験モニターの詳細はこちら まで。
そろそろ募集を締め切ります。
興味をお持ちの方は2月29日のご応募まで対応いたします。
Ogino Coaching Place(おぎのコーチングプレイス)
営業時間 平日9時~16時 (予約制)