事前に嫌な予感がして 的中してしまったことはありますか?

こんにちは!

ライフコーチのおぎのです。

先日、悲しいことがありました。

日頃作っている羊毛フェルト作品の中で

もっとも気に入っていて

大切にしていたお座りワンコの

マスコットをなくしてしまったんです。

その日は名古屋に出かける用事があり

連れ出す直前に

「もしこの子を失くしてしまったら

 すごく後悔するから

 連れて行かない方がいいんじゃないか」と

胸がざわついたのに

結局人に見てもらいたくて連れていきました。

その結果、人に見てもらう前に

電車の中でなくなってしまいました。

電車を降りる人たちが

ぶつかってくる衝撃に

耐えられなかったんだと思います。

「こんなに早く嫌な予感が当たってしまうなんて」

とその後は講座が控えていたのに

駅に電話したり、その経緯を夫に伝えて

連絡してもらうようにお願いしたり

帰りにも途中下車して

心当たりのある駅を探し

駅員さんにも事情を説明しましたが

その日は見つかることがありませんでした。

交番でも紛失物の届けを出し

翌日も駅員さんに教わった

忘れ物の届け出先に電話をしたりしましたが

今も見つかっていません。

もしかしたら運よく

誰かが売りに出してないかとも考えましたが

行方不明なまま。

でもそれだけのできることをしたので

あとはそのマスコットが

きれいな形のまま

せめて誰かに拾われて

かわいがられているなら

いいかなと思うことにしました。

その子が飾られていた場所には

2代目のワンコが座っています。

今回の出来事で

心にひっかかりがある時は

「ちょっと待て」の合図なんだと痛感しました。

そして

ワンコを連れて行こうとしたとき

不安を感じた理由は

以前にも他のストラップで

とれてしまったことを

2度も経験していたからでした。

その時に

今使っている金具では

強度が足りないということがわかり

でも本当の問題は

強度ではなく形状だったので

今は新しい金具を探しています。

今後、人様に提供する機会があった時

品質にも安心してもらえるよう

用途に適したものを使う大切さを学びました。

それにしても思い入れのある子だったので

痛い勉強代でした。

次に生かすことが

その子が教えてくれたことを

生かすことになるんだと思って

これからも製作していこうと思いました。

もし問題点に気付いているけど

先送りにしていることがあったら

対処をしておくといいかもしれません。

それでは、今日もお読みくださりありがとうございました!      

~ 後日談 ~  

マスコットとストラップをつなぐ

金具に2重カンを探しに

手芸屋さんへ行ったものの  

大きなサイズしかなくて保留にしていたら  

釣りが趣味の夫が手芸品よりも高品質の

2重カンを持っていました。    

しかも2重カンを開くピンセットまで

持っているという!!    

さっそく今ある自分用と

夫のストラップも金具を変更。  

思いがけないところに

道具も素材もあって驚きました。