おはようございます! いつもありがとうございます。 自信回復と自己イメージの改善で あなたの中の潜在能力を引き出す ライフコーチのおぎのです。 あなたは人見知りな方ですか? それとも誰とでもすぐに打ち解けられる方ですか? 今日の内容は人によっては ちょっと辛いかもしれません。 先日、「初対面の人となら仲良くなれるけど 時間が経つにつれて苦手になってしまう」 という悩みを聞きました。 実は私もそうだったので この悩みすごーくよくわかります。 不思議と誰とでも仲良くなれるタイプに見える人の方が 自分では「人見知りだ」と言っていて 初めからガンガン人に声をかけていける人の方が 「仲良くなってくると何を話したらいいかわからなくなる」 と悩んでいる事もあるようです。 なので第一印象はおとなしそうだったり 不安げな表情をされている方が 声をかけてみて仲良くなってみると ものすごく面白い人だった事も多いです。 逆に最初からフレンドリーだった方は 付き合ってみるとちょっと独占欲が強かったり 依存心が強い一面があったり 飽きっぽいという傾向がありました。 自分もそうだったので 2者の違いを分析してみると 後から元気が出てくるタイプの人は 初めは周りをよく観察していて 自分と気の合いそうな人と 少しずつ距離を縮めているのに対し 後から元気がなくなってしまうタイプの人は 相手を良く知らないうちに いきなり相手に接近してしまって 慣れてきてからの相手の変化に戸惑っているようでした。 仲良くなりたくて声をかけたはずなのに 相手が打ち解けてくれるにつれて 距離を置きたくなってしまったり 苦手になってしまうのは とってももったいないですよね。 そしてうまく人と付き合えている人との大きな違いは ・距離の縮め方が少しずつかいきなりか ・相手や周りの事を観察しているかしていないか ・人の目を気にしているかしていないか ですね。 そして長年女子社会で生活していると 案外相手からも自分のタイプを見抜かれているものです。 広く浅く付き合える人と 狭く深く付き合いたい人では 相手に求める距離感が違うので どちらかが合わせる事で 関係性が成立しがちです。 広く浅い付き合いからだんだん深い付き合いに なっていく事を知っている人は 初めは人見知りがちです。 私がその事に気づいたのは 自分のような悩みを持っている人が 周りからはどんな人に見えているのかを知って 理想の人付き合いができている人との違いを観察したからです。 例えば「友だちがいない、少ない」 というコンプレックスを抱えていると ついいきなり深い仲になろうと 相手に近づき過ぎてしまいがちです。 他にも一人ぼっちになった経験があって それがまだ傷になっていると つい一人でいる人に声をかけたくなって 相手が元気になってしまうと どうしたらいいかわからなくなってしまうようです。 人間関係につまずきやすい人の 共通点は大抵相手との距離感が近すぎたり 逆に遠すぎる事でのコミュニケーション摩擦に よるものが多くみられます。 ここでいうコミュニケーション摩擦と言うのは 相手に対する誤解です。 良く知らないうちに第一印象で 相手の事を決めつけてしまったり たった1回の思い通りにならなかった 相手の反応で拒絶してしまったりと言った事です。 ただこういう癖を持つ人は 心に傷を抱えている事もあるので 単純にコミュニケーションノウハウを学ぶだけでは 根本にある思い込みのせいで うまくできない事もあります。 そういった思い込みは 少しずつNLPの手法でも外していけるので 「もうこんな自分は嫌だ!」 「自分を変えたい!」と思ったら お話きかせてくださいね。 次回は『営業のプロから学んだコミュニケーションのコツ』について アップしますので興味がありましたらぜひご覧ください。 それでは、また!