「コーチングって最近よく聞くけど、スクールとセッション、どっちがいいの?」という疑問がある方に向けて私がスクールで学んだこと、セッションを受けて学んだことをまとめました。        

こんにちは。  
Talk Place ライフコーチの荻野夏帆です。    

今日は
・コーチングを受けること、学ぶことの違いとは?
・コーチングを知って何ができるようになったのか?
・コーチを目指したときに最初にしたこと
  についてお話したいと思います。      

コーチングを受けること、学ぶことの違いとは?  

コーチングに興味を持った時、まずあなたなら何をしますか?
・コーチングについて検索する
・コーチングの本を読む
・コーチングスクールに通う
・コーチングを受ける  
などいろいろあるかと思いますが、大切なのはその目的です。    

コーチングというのはあくまでもコミュニケーションスキルなので、知っただけでできるようにはなりません。  

では、コーチングを受けるとどうなるのか、私の一例でお話します。      

【コーチングを受けることで得られたこと】  

単発セッションの場合
・気持ちや自分の頭の整理ができる
・今やるべきことがはっきりする
・いろんな考え方、アプローチを経験することができる  

継続セッションの場合
・単発セッションよりも大きくて長期的なテーマや目標を立てることができる
・モヤモヤしても話を聞いてもらえる日がある安心感がある
・次のセッションまでに何をすればいいのかが定まると行動に移せるので不安がなくなる
・やったことを振り返るので自信になる
・コーチにかけられた思いもよらない言葉に癒されたり血肉なる      

コーチからどんな風に関わってもらったのか、どんな言葉をかけてもらったのかは、自分がコーチをする時にも生きています。    

コーチングを受けることで最も変わるのは自分自身です。  

自分が変わった分だけ、心が動いた分だけ、人にもできるようになっていきます。  

  セッションを受ける場合はコーチングを受けるときの姿勢を知っていると、変化も大きくなると思います。      

とはいえ、通常のセッションではたいてい体験セッションやオリエンテーリングというものがあるので、コーチが事前にコーチングをより効果的に受けるための前提を教えてくれるはずですので、安心してくださいね。        

【コーチングを学ぶことで得られること】  
・コーチをするための前提やあり方
・コーチングをどのように組み立てるのかというノウハウ
・プチセッションの中で起こる感情の変化を体感できる
・人のセッションを観察し違いを知ることができる
・自分のセッションの感想をもらうことができる
・仲間のセッションで一緒に癒されることがある
・仲間ができる    

コーチングを学ぶことで得られるのは主にコーチングについての知識やコーチとしての在り方、考え方。    

コーチングを受ける時の前提になる考え方も含まれます。      

何より仲間ができることは、人によっては一生の友ができることもありますし、ビジネスパートナーが見つかることがあったり、多くの人から応援されたり、同じように頑張っている仲間の成長を見られる環境を手に入れることができるので、マンツーマンのセッションを受けるのとは違ったよさがありました。        

【コーチングを知って何ができるようになったのか】

 
before → after
・気が付くといつも過去の嫌な出来事を思い出して気持ちが沈みがちだった
→お守りワークを知ったことで回復が早くなった  

・自分のいいところがわからなかった
→自分がしてきたことを認められるようになった

・うまく行かない現実に自信を失っていた →自分が最も大切にしていることがわかり環境を変え自信を取り戻した
 
・物事に対してイライラしてばかりいた
→手段ではなく目的を振り返ることができるようになって同じ状況が気にならなくなった

・自分一人の視点からしか物が見えていなかった
→いろいろな視点からものを眺められるようになり冷静に受け止められるようになった
 
・白黒思考、べき思考が強くて人との違いを認めることができなかった
→自分の思考や行動の癖を客観的に捉えられるようになり、考えて行動を選べるようになった  

・人からどう思われるのかを基準に生きていて不満が多かった
→自分はどうしたいのかを考えることで選択肢が広がった
 
・いつも受け身でイライラしたり気持ちが満たされずにいた
→何が現実を作っているのかを知ることで意識が変わり主体的に考えられるようになった  
・周りは敵ばかりと思って気を張って生きていた
→自分の考え方がかわったことで優しくされることが増えた
 
・同性の友達ができづらかった
→女性性を受け入れられるようになった分だけ女性の知り合いが増えるようになった
 
・悩んでいることで何かしている気になっていた
→客観的にものを見られるようになって悩みと問題を切り分けられるようになった
 
・自分の言動に無自覚で反射的に生きていた
→言葉が持つ影響力を知り、使う言葉を選べるようになった          

【コーチを目指したときに最初にしたこと】  

プロのコーチになりたいと思った時、最初にしたことがあります。  

それはコーチングを受けてクライアントを体験すること。    


なぜなら、クライアントになることで相談者さんがコーチングに求めていることを身を持って知ることができると思ったからです。  

それで相互にコーチングができるマッチングサイトに登録して100人を超える方とセッション練習をしました。      


また有料のコーチングも何名か体験し、練習コーチと有料コーチの違いを観察したり、マイコーチにも3年ほどお世話になりました。    


そうすることでコーチとして仕事をしている人がどのようにして仕事にしているのかを学びました。

私が出会ったコーチを仕事にしている方は講師もされていて、コーチ一本で仕事をされている方はいらっしゃいませんでした。


そういった経験からもコーチングについて知りたいなと思ったら、その目的をはっきりさせてから選ぶことが大切だと感じています。  

なぜならスクールによってはコーチングは学べるけど、仕事にする方法までは教えてくれないところもあるからです。

中にはコーチングのノウハウだけを伝えていてコーチングをしているわけではない人が講師をされていることもあります。


そして成長とともに求めるレベルも変わっていくので、もしあなたがコーチングに興味を持ち始めた時には、ぜひいろんな人に出会っていろいろ学んでいってほしいと思っています。

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

☆お知らせ☆

8/29(日)10時~22時 癒しのイベント、おうちでこころフェアに出展します。

荻野の出展時間は

 講座:午前10時~、11時半~(1時間)

 セッション:午後14時~、15時~、16時~、17時~(45分)です。

「コーチング、学びたいな」という方は午前の講座、「コーチング、受けてみたいな」と思われる方は午後からのセッションにぜひ遊びに来てくださいね。



ご感想・ご質問などがありましたらこちらからお気軽にどうぞ。(ラインアカウントに登録されます)

家族を大切にしながら子供と一緒に
「好き!」でいっぱいの人生にしたいママ仲間募集中!


メルマガ 叶えたい夢に『ふさわしい自分』づくり

私自身がこれまでに行っていた子育て、人間関係、性格などの悩みの元になっているセルフイメージを引き上げて、叶えたい夢にふさわしい自分に変えていくためにしてきたこと、学んできたことをお伝えしています。