本当はまだ許せていない怒りがくすぶっていて素直になれない相手はいますか?

おはようございます。
ライフコーチの荻野夏帆です。

(こちらは2014年の記事です)
9月に入り、とある音声セラピーを試しています。

今取り組んでいるテーマは『「怒り」と向き合う』。

自分の中に怒りを感じたらその感情をごまかさずに「今怒ってるなー」と観察してその気持ちに名前を付けます。

今日出てきた怒りは『見返り求め』ちゃん。

「相手のために」と思って先回りしてしまった時によく出てきます。

『見返り求め』ちゃんのイメージは5歳くらいでほっぺたを膨らませてムスッとしていました。

「だってせっかく~してあげたのに!」そんな言葉が聞こえてきます。

本当は「相手が喜んでくれるはず!」と思ったんだよね。

それを思っていたような態度で示してもらえなかったからがっかりしちゃったんだよね。

見返りを求める前は純粋に相手のためと思っていたはずががっかりした途端に「~してあげたのに!」に変わってしまっていました。

本当に欲しかったのは「「見返り求め」ちゃんがいてくれて助かるドキドキ」って言葉だったのかもしれません。

もしかしたら5歳くらいの時に何かそういうがっかり体験があったのかもしれません。

こんな風にわかって欲しかった気持ちを探っていくと、不思議とすっと気持ちが穏やかになっていく瞬間があります。

そして自分が相手任せになっていることにも気が付きました。

まだできる事がある。

そう気が付いたのでもう一度連絡を取ってみようと思います。

もしあなたも何か未消化になっている思いが、今の生活に悪さをしているようならそんな気持ちに目を向けてみてあげると良いかもしれません。

自分一人で見るのはしんどいなーと思ったら一緒にセッションの中で紐解いてみませんか?

メルマガからのお申込みがお得です。

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

家族を大切にしながら子供と一緒に
「好き!」でいっぱいの人生にしたいママ仲間募集中!
うつ病を克服しセルフイメージを引き上げて、
叶えたい夢にふさわしい自分に変えていくためにしてきたこと、
学んできたことをお伝えしています。

叶えたい夢に「ふさわしい自分」づくり

今ならブログ登録特典として、
『自分嫌いを抜け出すための12ステップ』を
一緒にプレゼントしております。


メルマガに登録する

その他のお問合せ、お申し込みは専用ラインからどうぞ。

友だち追加